自撮り棒の規制と違反を知り安心して楽しく使おう

自撮り棒の規則とは

私は最近、大分県に旅行に行きました。そこで見かけた光景に正直、衝撃を受けました。

観光地で観光客のほとんどが、自撮り棒を使って記念写真を撮っています。

自撮り棒の人気は年々、日本でも増加しています。まだ観光地での使用までですが、そのうち大流行している韓国と同じように、街中で使用する方が増えてくるでしょう。

皆様知っていましたか?そんな大人気で便利な自撮り棒には、意外と知られていない規則と違反があることを。

そこで今回は、そんな便利な自撮り棒の規則と違反について紹介いたします。正しく学び、楽しく安心して使用しましょう。

自撮り棒とは、カメラが内蔵されたスマホを取り付けて、自分撮りを綺麗に行う為の棒の事です。またセルカ棒とも呼ばれています。

使い方などは『楽しい思い出が残せるセルカ棒の設定と驚きの使い方について』でご紹介しておりますのでこちらを御覧ください。

自撮り棒の規制について

使用禁止に注意

物や情報など、何にでも世間に大きく広まっていくと、絶対でてくる問題というものがあります。その1つがマナー違反です。自撮り棒にも同じことが言えます。

その便利さ故に、近頃は人混みなどで無遠慮に使用するといったマナー違反が目立っています。その為、「使用禁止」の規制をしている所が増えてきています。

ちなみに、東京ディズニーランドや一部の駅はすでに安全の観点から使用禁止にしています。理由としては、「人に危害を加える可能性がある」とのことです。実際に、自撮り棒で怪我をしたという人もいるので、使用禁止にする意味も分かりますね。

こういった人が密集する場所は、あらかた使用が禁止ですので注意が必要です。現在の分かる範囲で人が集まる観光地や人気スポットなど使用禁止エリアを表にまとめてみました。参考にしてください。

自撮り棒の規制(使用禁止、または持ち込み不可)場所

場所 規制
東京ディズニーリゾート 持ち込み不可
飛行機の機内 持ち込み不可
JR西日本すべての駅 使用禁止
北陸新幹線の金沢や富山など5駅 使用禁止
国立科学博物館 使用禁止
海遊館 使用禁止
金沢21世紀美術館 使用禁止
美ら海水族館 使用禁止
富士急ハイランド 一部制限
USJ 一部制限
長崎ハウステンボス 一部制限
八景島シーパラダイス 一部制限
ナンジャタウン 一部制限

※規制がある場所はこれら以外にも沢山あります。また、今後広がっていく可能性がございますので、事前に調べておきましょう。

意外と知らない自撮り棒の違反について

違反に注意

皆さん知っていますか?

自撮り棒には、使用の規制だけでなく、罰則といった法律違反がある事を!「知らなかった。」じゃ済まされないこの法律について紹介していきます。

自撮り棒の種類には、ワイヤレスシャッターの物があります。これは、スマホと自撮り棒を無線のBluetoothで接続し、自撮り棒にあるシャッターボタンを押すだけで、カメラの撮影ができる優れものです。ケーブルの煩わしさがなく非常に便利なアイテムです。しかし、この「Bluetooth」が法律の対象となります。逆に言うと、このBluetoothではない自撮り棒は、問題なく安心して使用する事ができます。

電波法

電波法とは、飛び交う電波の公平かつ能率的な利用を、確保することを目的とした法律の事です。その4条によると、「小電力無線局は適合表示無線設備とされ、技適マークをつけなければならない」となっています。

技適マークとは、電波法令の技術基準に適合していることを証明するマークのことであり、電波を発信する物に対して、「この商品は基準をクリアしている」という証のマークの事です。

技適マーク

Bluetoothも勿論この小電力無線局にあたりますので、ワイヤレスタイプの自撮り棒には、技適マークが必ず必要という事になります。

実際、悲しいことに、この技適マークのない自撮り棒が販売されており、世の中に広まっています。「安く売れるから」といった理由で、現在では商品を売ったり買ったりする行為に対しての法律がなく、利用する事に対してのみ処罰を受けてしまいます。ですので、購入の際には特に注意すべきポイントなんです。

知らずにこの技適マークがない自撮り棒をを使用すると、電波法110条1号により、1年以下の懲役又は100万円以下の罰金刑に処せられますので注意しましょう。購入の際には必ず確認してください。以外に重い罪です。

最後に

自撮り棒の規制場所は今後増えていくと思われる。注意が必要だ。

また、Bluetoothという落とし穴にも気をつけなければならない。皆様もお気づきとは思うがこれは、自撮り棒だけではない。

全ての無線機器に言えるので、技適マークは必ずチェックしよう。

博士ペンギン
 
Pocket

常識を覆す防水機能を持つBluetoothセルカ棒をチェック

PC周辺機器・スマホグッズを取り扱う激安通販サイト「ココロミクラブ」は、当ブログで紹介した防水機能を持つセルカ棒を取り扱っております。是非一度、当店へお越し頂き商品を御覧ください。

《当サイトで取り扱う防水セルカ棒》

  • ● ワイヤレスシャッターはJIS防水規格・IPX4合格品
  • ● 沈まない構造の為、不慮の水没・紛失を予防できる
  • ● 防水ケースと組み合わせれば水中に潜って撮影可能
  • ● 日本国内の技術基準適合証明認証済

 

防水セルカ棒と防水ケースのお得なセット販売も行っております。夏だけでなく、ウインタースポーツや旅行・イベント・アウトドアで活躍致します。


「ココロミクラブ」のセルカ棒はこちら

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. 西村 より:

    JIS防水規格 IPX4合格品
    ワイヤレスシャッター
    iphoneとペアリングしたいのですが、
    ペアリングするまえに
    デバイス検出されません。

    ワイヤレスシャッターのLEDランプは点滅しています。
    使用中の携帯は
    iphone6plus iOS9.1です。
    この機種はデバイス
    検出されないのでしょうか?
    商品説明にはiOS8.2以降でもペアリング
    できるとかいてあったのですが。。。
    それともワイヤレスシャッターがおかしいのでしょうか?

    1. ココペン より:

      西村様

      コメントいただきありがとうございます。
      只今から当店で検証してみたいと思います。検証結果を西村様宛に当店から、今日中にメールで送らせて頂きます。

コメントを残す

*