楽しい思い出が残せるセルカ棒の設定と驚きの使い方について

cerca-bar-usage2

旅行で、海で、アウトドアで素敵な自撮り写真を撮れるアイテム。

そうです!「セルカ棒」です。

最近巷では話題となっていますよね。観光地でセルカ棒を使い記念撮影をされている方をよく見かけます。

しかし、中には「セルカ棒を購入したけどいまいち使い方がわからない。」「ワイヤレスの初期設定って何?」となり、家の片隅に放置している方も多いのではないでしょうか。一度使ってみたら大変便利なアイテムで、すごく簡単な構造なんです。

そこで今回はセルカ棒の種類と使い方、また応用編として、驚きの変わった使い方について調査しました。

セルカ棒について

セルカ棒とは、カメラが内蔵されたスマホを取り付けて、自分撮りを綺麗に行う為の棒です。だいたい長さは1mくらいあります。韓国で生まれ、韓国で大流行しているアイテムです。「セルカ」は韓国語において「セルフカメラ」の略として生まれた表現(いわゆる韓製英語)とされています。

セルカ棒

また呼び方についてはセルカ棒の他にも、自撮り棒・自撮りスティック・自分撮りスティック・自撮り脚・手持ち脚・セルフィー棒・セルフィースティックとも呼ばれています。

日本でも徐々に流行しており、Amazonや楽天市場・Yahoo!ショッピング等で色々な種類のセルカ棒が売られています。

ここ最近では、街中でセルカ棒を使う方が増え、撮ることにに夢中になり周囲に迷惑をかけているケースが増えてきました。SNSでは、「混雑した場所で使用されると危ない」「交差点で自撮りしている人がいた」「目元に突き刺さりそうになった」といった声があがっています。その為、東京ディズニーリゾート等、一部の場所では使用不可になっています。

また、セルカ棒には意外と知られていない規則もあります。詳しくは『自撮り棒の規制と違反を知り安心して楽しく使おう』で紹介しておりますので、こちらを御覧ください。

手軽で便利なアイテムですが、使用する際は、その場所が使用可かどうか確認し、マナーを守り使いましょう。

セルカ棒の種類

撮影方法(シャッターの切り方)の違いから、大きく3つの種類に分かれています。

  • ワイヤレスタイプ
  • 有線タイプ
  • セルフタイマーを使用するタイプ

ワイヤレスタイプとは、無線でセルカ棒とスマホを繫げ、手元のボタンやリモコン等でスマホのシャッターを切るタイプの事です。現在、最も主流になっているのはBluetoothの無線形式を使ったセルカ棒です。

こちらは使い勝手が良く、ケーブルの煩わしさがないんですが、電波障害といった問題がありますので、注意が必要となります。

有線タイプとは、イヤホンジャックを使い有線でセルカ棒とスマホを繫げ、手元のボタンでスマホのシャッターを切るタイプの事です。セルカ棒から出ている配線を、スマホのイヤホンジャック部分に接続する必要があります。

現在では、有線ではなく無線のワイヤレス接続の物が当然となっていますが、観光で使う事の多いセルカ棒では、電波法の問題がありますので、このイヤホンジャックで接続するタイプが今後は主流となってくるでしょう。

セルフタイマーを使用するタイプとは、スマホのカメラの機能の1つ「セルフタイマー」を使い撮影するタイプの事です。言うならば、ただスマホを固定する棒です。こちらは比較的に安価であります。しかし私は、このタイプは自分のタイミングでシャッターを切れない為、とても使いにくいと思います。おすすめはできません。

セルカ棒とスマホ・iPhoneの接続方法

セルカ棒は、ワイヤレスタイプと有線タイプでスマホとの接続方法が異なります。ですが安心してください。どちらもすごく簡単です。

ワイヤレスタイプ(主流のBluetooth形式)

Bluetoothのワイヤレスタイプでは、セルカ棒とお持ちのスマホをペアリング(初期設定)しなければいけません。iPhone等のiOSとAndroidでは多少、操作が違いますのでそれぞれ紹介いたします。

iOSの場合

1.セルカ棒に電池をセットする、または充電をする。

充電する

2.お持ちのiPhone(機器)の設定画面を開きBluetoothを選択、そしてオンにする。

iPhone等のiOSのbluetoothペアリング設定

3.「自分のデバイス」内の、表示された接続する「デバイス名」を選択。
※デバイス名は機器によって違います。機器の取扱説明書等であらかじめデバイス名をご確認下さい。

iPhone等のiOSのbluetoothペアリング設定

4.これで接続完了です。

Androidの場合

1.セルカ棒に電池をセットする、または充電をする。

充電する

2.お持ちのスマホの設定画面を開きbluetoothをオンにする。

Androidスマホのbluetoothペアリング設定

3.「接続可能な端末」内の、表示された「デバイス名」を選択。
※デバイス名は機器によって違います。機器の取扱説明書等であらかじめデバイス名をご確認下さい。

Androidスマホのbluetoothペアリング設定

4.これで接続完了です。
※機種によって多少異なります。

このBluetoothのペアリングは、最初に1回設定する事で次回からは自動でペアリングを行います。

有線タイプ

有線タイプの設定は単純で簡単です。Bluetoothの設定や電池・本体充電・リモコン等は全て不要となります。ただ、セルカ棒から伸びるケーブルを、iPhoneやスマホのイヤホンジャックに挿すだけで使用可能です。

イヤホンジャック

こちらのメリットとしては、電池切れの心配や充電を忘れる・リモコンを探すといった必要がない事です。「イヤホンジャックに挿してすぐ使える!」単純な構造故に使いやすいですね。しかしケーブルは、乱暴に扱うと断線する恐れがありますのでご注意下さい。

セルカ棒の使い方

セルカ棒の使い方は簡単です。基本的な使い方と、セルカ棒の機能を利用し応用させた、面白い使い方を紹介します。

基本的な使い方

使い方としては、まず前章で紹介した無線タイプ・有線タイプの接続を完了させます。

次にお持ちのスマホ・iPhoneをセルカ棒に取り付けます。その際、棒部分が伸縮できるタイプはシーンに応じ長さの調整をしましょう。またスマホ・iPhoneを取り付けた部分が360度回転できるタイプも、縦撮り・横取りの調整をしましょう。

次にスマホ・iPhoneのカメラアプリを起動してください。

あとは、ポーズを決めてシャッターを押すだけです。種類によっては、シャッターがセルカ棒に内蔵されたボタン式・取り外し可能なリモコン式、またスマホの機能であるセルフタイマーを使って切るタイプに分かれています。

楽しい思い出が作れる驚きの使い方(応用)

セルカ棒の使い方として、多くは「建物や観光地の風景をバックに自撮りを行う」だと思います。しかし、セルカ棒の機能を利用する事で面白い使い方(撮影)ができます。

防水機能を持つセルカ棒

セルカ棒の中には防水機能を持つ物があります。シャッターも防水機能を搭載しているので、水につけても大丈夫なのです。しかもそれは、スマホを取り付ける部分に専用の防水スマホケースを取り付ける事が出来ます。つまり、セルカ棒からスマホまで完全防水だという事です。

この機能を利用するとこんな写真を取る事だって可能です。

水中での自撮り写真

水中写真撮影

なにかと、思いで作りで写真を撮るとなると海や川など水辺がつきものです。水中で記念撮影とは今までになく斬新なアイデアです。ネタになりますしSNSでも盛り上がるのではないでしょうか。

水中での動画撮影

水中動画撮影

テレビとかでは良く見たりしますが、素人ではなかなか出来ない事ですね。こちらも良い思い出になりますし、YouTube等の動画投稿サイトでも良いネタ作りができるのではないでしょうか。

泳ぐ魚達の撮影

魚の撮影

写真でも動画でも、色々なお魚の泳ぐ姿を撮影する事も出来ます。子供も喜びそうですし、自由研究にも使えるかもしれませんね。

水中から水面への幻想的な写真

幻想的な水中写真

こちらの写真は、水中から水面に向けて撮った写真です。太陽の光が素敵です。水中だとこういった幻想的な写真を取ることが出来ます。

防水機能を持つセルカ棒だと、海でプールでアウトドアで、これまで撮れなかった1枚を撮る事が出来ます。思い出も、楽しく広く残す事ができるという事です。

最後に

巷で流行りのセルカ棒。使い方さえ分かればとても便利なアイテムだ。

最近では色々な機能の物もある。水中で使うといった使い方は夢中になる事間違いないだろう。

沢山の思い出が作れるセルカ棒。私も1度使ってみる事にする。

博士ペンギン
 
Pocket

常識を覆す防水機能を持つBluetoothセルカ棒をチェック

PC周辺機器・スマホグッズを取り扱う激安通販サイト「ココロミクラブ」は、当ブログで紹介した防水機能を持つセルカ棒を取り扱っております。是非一度、当店へお越し頂き商品を御覧ください。

《当サイトで取り扱う防水セルカ棒》

  • ● ワイヤレスシャッターはJIS防水規格・IPX4合格品
  • ● 沈まない構造の為、不慮の水没・紛失を予防できる
  • ● 防水ケースと組み合わせれば水中に潜って撮影可能
  • ● 日本国内の技術基準適合証明認証済

 

防水セルカ棒と防水ケースのお得なセット販売も行っております。夏だけでなく、ウインタースポーツや旅行・イベント・アウトドアで活躍致します。


「ココロミクラブ」のセルカ棒はこちら

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*