初心者でも簡単にできる無線のマウスの設定方法

無線マウス

今は便利な世の中になっています。

そんな中、パソコンのマウスをワイヤレスタイプ(無線)に変えました!という方は沢山おられるのではないでしょうか。

本来パソコンは自宅での使用、持ち運んで外出先での使用、どこでどんな状況で使うかなど利用用途は人によって様々です。

無線マウスはその利用用途の1部で活躍するモノであり、実際に使おうとしてもそれほど難しい物ではありません。

ここでは、手順どおりに行えば初心者の方でも簡単にできる無線マウスの設定方法、また設定したが動作しない場合に考えられる原因を調査しました。

無線マウスを使うにあたって必要な物とその説明

1.無線マウス本体

ワイヤレスマウス

ワイヤレスマウスの接続する無線の電波には複数の種類があります。

  • 低価格モデルに多い27MHz帯
  • 上位モデルに多い2.4GHz帯
  • Bluetooth

27MHz帯は、比較的安価なマウスにこの無線方式を採用しております。電波が微弱の為、波到達距離が短くパソコンとマウスが近い環境での使用しか適しておりません。操作にトラブルが多いのでお勧め出来るタイプではないです。しかし安価というメリットがありますので、2台目のパソコンに使用する場合や、予備として持つ場合には良いかもしれません。

2.4GHz帯は、もっとも主流なタイプです。こちらは高い周波数帯域を利用するため直進性が高く、基本的に約10mまで離れていても使用出来ます。無線のマウスに変えてみたい方には、設定も簡単ですのでこちらのタイプをお勧めします。

Bluetoothタイプは、半径約10m以内であれば、たとえ機器の間に障害物があったとしても安定した通信が行えます。こちらは、PC本体にレシーバーを付けなくても接続できますが、Bluetooth機能を搭載したPC・ノートPCしか使うことができません。しかし最近では、Bluetoothを内蔵していないPCでも、Bluetoothレシーバーという物を取り付ければ使用できるようになっています。また、このBluetoothレシーバー1つで、マウスの他にキーボード・ヘッドホンなど複数の機器と接続することができます。

便利さから利用者が増えてきていますが、接続が他の無線方式と比べると、ペアリングの設定など複雑ですので初めての方にはお勧めはできません。

2.レシーバー

マウスのレシーバー

市販の無線マウスには付属品として付いております。無線マウスからの操作を受信しPCへ信号を転送する装置(受信機)のことです。

最近のレシーバーは小型の物が多く、ノートPCに挿したまま持ち運び出来ますし、きにもならないほどのサイズです。マウス本体に収納されている可能性がありますので、マウスを良く調べてみて下さい。

3.本体に対応している電池

電池

無線マウスは有線マウスと違い電池が必要です。理由としては無線のため電力の供給が出来ないからです。しかし、マウスパッドから電力を供給し、電池がいらない無線マウスもありますが、一般的には電池が必要となります。

付属されている電池は動作確認用の物が多く、放電してしまって使えない可能性がありますので、電池は新しく買って使用したほうがいいと思われます。

無線タイプ27MHz帯・2.4GHz帯の設定方法

①まず初めにマウス本体に対応している電池をセットする

製品によって異なりますが、マウスの裏側などに電池を入れる場所がありますので、電池ホルダーのカバーを取り外してプラス側マイナス側を間違わずにセットしてください。

無線マウスに電池をセット

②次に購入されたマウスに付属されているレシーバーをUSBポートに接続(差し込む)

USBポートにレシーバーを接続

お使いのパソコン・ノートパソコンによってはUSBポートの位置が違います。

USBポートマーク

差し込み口にはこのようなUSB接続のマークがありますのでご確認下さい。差し込みが完了した時点で機器本体とマウスとの通信準備が完了しています。

③マウスの電源スイッチをオンにする

マウスの電源をオンにすると、画面のポインター(矢印)が動き使用可能になっているはずです。マウスの電源スイッチは製品によって異なりますのでご注意ください。

電源スイッチのタイプ

  • スイッチタイプ:マウスの裏側のボタンでオン/オフを切り替える
  • スライドカバータイプ:スライドカバーの開閉で電源のオンとオフを操作
  • スイッチ無し:電池をセットするだけで電源がオンになる

Bluetoothタイプの設定方法

Bluetooth

※Bluetoothタイプのマウスを使用する場合はパソコン(接続する機器)がBluetooth対応でなければ使用することができません。

Bluetoothタイプのマウスを使用する場合はペアリングと呼ばれる、機器との無線接続を行わないといけません。

①マウスに対応の電池をセットする

マウス裏側にある電源スイッチをOFFにし電池をセットして下さい。セットが終わったら電源をONにします。

②パソコン(接続する機器)側のBluetooth機能をオンにする

接続するパソコンのOSによって、Bluetooth機能をオンにするやり方が異なります。ON/OFF切り換え機能がなく、常にONになっている物もあります。

手動の場合は、「PC設定」でBluetoothの切り換えができます。詳しくは、機器によって異なりますので、お使いのエディションの手順をご確認ください。

③ペアリングを行う

ペアリングを行うにはパソコン(接続する機器)側で、Bluetoothデバイスの追加をしないといけません。こちらも「PCの設定」から「Bluetoothデバイスの管理」で追加できます。

接続可能なBluetooth機器を検出し、デバイスに表示されますので、そのアイコンをクリックして接続完了です。(OSによって多少異なります)

一度ペアリングを行うと、次からはパソコン等の機器を起動させただけで、自動でペアリングされ使用できます。しかし、まれに動かない場合もあります。その時は、再ペアリングを行うと使用できる可能性がありますのでやってみましょう。

設定したが動作しない場合に考えられること

これまで紹介した設定方法を試したが動作しないという方に、いくつか考えられる原因を紹介していきます。

まず初めに、PC・ノートPCの機器側の問題なのか、無線マウス側の問題なのかを知る必要があります。

「パソコン側の不具合により正常に動作しない」の項目を一度お試し頂き、PC本体かマウスのどちら側の問題なのか調べて下さい。

困った顔
 

パソコン側の不具合により正常に動作しない

他のパソコンに接続して動作の確認をし、他のパソコンでも使用が不可能な場合はマウスの故障が考えられます。その場合は購入した店舗に問い合わせしましょう。ほとんどのお店は交換対応してくれます。

他のパソコンが正常に使用できる場合は、お使いのパソコンがマウスに対応していないと思われます。最新の無線マウスが次々に販売されていますので、中には「Macは非対応」・「Windows7は非対応」などがあります。OSが関係している場合が多いですので、無線マウスの取扱説明書にて1度ご確認下さい。

電池容量が少なく動作しない

電池は使わなくても常に放電しており、そのため容量が少なくなっている場合があります。特に付属の電池は、動作確認用ですので電池容量は少なくなっています。電池交換(充電式のマウスは充電)を行って再度お試し下さい。

(セットする際、電池のプラス側マイナス側の向きにもご注意下さい。意外にこういったちょっとしたミスで使用できない事があります。)

電波に干渉する機器によって動作しない

パソコンのモニター等が影響します。また金属類にも影響を受けます。お部屋の中で、レシーバーとマウスが正常に動作する場所があると思いますので、距離や環境を見なおしてもう一度お試し下さい。

USBセレクティブサスペンドが原因で動作しない

また、一度は動作したがしばらくマウスを動かさないでいると、使えなくなってしまうケースもあります。この場合はUSBセレクティブサスペンドが原因の可能性があります。

USBセレクティブサスペンドとは何か私なりに調べてみました。

USB機器の節電機能の一つで、一定時間で利用していないUSB機器の電源を切ってしまう機能です。一般にバスパワーで動作しているものが影響を受けます。

これはパソコンの設定で無効にすれば解決します。

USBセレクティブサスペンド設定

USBセレクティブサスペンドを無効にする方法

①スタート⇒「プログラムとファイルの検索」に「電源オプション」と入力

②検索に」より表示された「電源オプション」をクリック

 
USBセレクティブサスペンド設定

③左側の「コンピュータがスリープ状態になる時間を変更」をクリック

 
USBセレクティブサスペンド設定

④中央の「詳細な電源設定の変更」をクリック

 
USBセレクティブサスペンド設定

⑤メニューから「USB設定」⇒「USBのセレクティブサスペンドの設定」⇒「設定」と進み、「無効」に変更

⑥最後に下部にある「適用」⇒「OK」をクリック

これで設定は完了です。

 

無線マウスのメリット・デメリット

無線マウスに変える場合、結局使わず(合わず)無駄になってしまうという多少のリスクがあります。メリット・デメリットを把握したうえで検討したほうが良いと思いますので、主な部分を紹介します。ご参考にしてください。

メリット

やはり1番はコードの煩わしさが無いということです。これがあるから無線マウスに変える方が多いと思います。

有線の場合はケーブルの長さに余裕があると思っていても、角度によっては引っ張られる感じがして、動かしづらいことがあります。また、周辺装置やディスプレイの位置によっては、ケーブルが引っかかって邪魔になることもあります。

無線の場合は邪魔なケーブルがないので作業がしやすくなります。PC回りはただでさえ色んなコードを使用しますので、これは最大のメリットと言って良いでしょう。

デメリット

パソコン本体から離れているために、マウス側にある物を必要とします。それが電池です。そうなると電池は消耗品ですので交換も必要になります。また電池を付ける分、少し重くなります。さらに充電が切れると全く動きません。

レスポンスが有線と比べて悪くなります。PCでデザイン作成など細かい動きが必要な場合は不向きと言えます。

最後に

無線マウスとは大変便利なものである。パソコンの様々な利用用途があるゆえにこのようなタイプのマウスが生まれたのだ。

最後にエコ的な話をするならば、無線マウスを使っていない時は電源をOFFにしよう。ONのままだと電池を消耗してしまうからだ。

PCの電源を切る流れでマウスの電源も切り、電池を長持ちさせよう!

博士ペンギン
 
Pocket

ココロミクラブ 通販サイトもチェック

PC周辺機器・スマホグッズを取り扱う激安通販サイト「ココロミクラブ」は、豊富な品揃えでご用意しております。バッテリーや車載グッズ等、欲しいものがきっと見つかりますので是非一度お越しください。

また、数多くのお得ポイントもご用意しております。

  • ● レビュー記入で「値引きクーポン贈呈」
  • ● 営業日午前10時までのご注文は当日出荷
  • ● 安心の商品毎に最大1年間の保証付き

 

どんな些細な事でもお気軽にお問い合わせください。


通販サイトはこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*