デジカメのSDカードを選ぶうえで知っておきたいポイント

デジカメ

皆様はデジカメをお持ちになられていますか?私は持っていませんが、最近欲しくなり購入しようと考えております。

最近のデジカメは素晴らしく、写真の他に綺麗な動画も撮れるみたいです。まさにそこが、私の購入しようとおもったきっかけです。

デジカメにはデータを保存するメモリーカードが必要です。そしてそのメモリーカードには沢山の種類あります。

初めての方には何を選んだら良いのか全く分からないモノです。

そこで今回は、デジカメに使用するメモリーカードの「基本的な知識と選ぶうえで知っておきたい事」を調査しました。

SDカードの種類

最近のデジカメのほとんどは、「SDカード」を採用しています。そしてそのSDカードには、いくつかのサイズが異なる種類があります。役割は同じですが、形状が異なったりお互いの互換性がないので、購入の際には気をつけなければいけません。

1.SDカードサイズ

SDカード

24×32×2.1(mm)とほぼ切手サイズで、多くのコンパクトデジタルカメラで採用されています。容量によって違いがあり、転送スピードにも違いがあります。デジカメの他、デジタルビデオカメラ・パソコン・テレビ・プリンタ・デジタルフォトフレームに採用されています。

SDカードの中でも大容量規格があり、それに対応していない機器がありますので製品仕様を確認する必要があります。

SDカードの容量と規格の種類

  • SDカード(容量:~2GB)
  • SDHCカード(容量:4GB~32GB)
  • SDXCカード(容量:64GB~)

規格別対応機器

  SDカード SDHCカード SDXCカード
SD対応機器 × ×
SDHC対応機器 ×
SDXC対応機器
microSD対応機器 × × ×
microSDHC対応機器 × × ×
microSDXC対応機器 × × ×

2.microSDカードサイズ

microSDカード

11×15×1(mm)で小型です。主に携帯やスマホ・オーディオプレーヤー等の小型機器に採用されています。

こちらもSDカードと同じく、容量と規格に違いがあり使用機器側によっては対応していないものがあります。

microSDカードの容量と規格の種類

  • microSDカード(容量:~2GB)
  • microSDHCカード(容量:4GB~32GB)
  • microSDXCカード(容量:64GB~)

規格別対応機器

  microSDカード microSDHCカード microSDXCカード
SD対応機器 × ×
SDHC対応機器 ×
SDXC対応機器
microSD対応機器 × ×
microSDHC対応機器 ×
microSDXC対応機器

※microSDサイズのカードでSDサイズの機器を使用する場合は専用のアダプタが必要です。

SDカードサイズ・microSDカードサイズ共に、SDXC・SDHCは対応している機器でなければ使用できません。ちなみに、SDXC対応機器ではSD・SDHCも使用でき、SDHC対応機器ではSDも使用できます。使う機器によって、サイズや最大で使用可能な容量が違うため必ず確認しましょう。

転送スピード・規格の種類

1.class(クラス)

SDカードには「class」という転送スピードの規格があり、種類があります。これはSDスピードクラスと言い、SDアソシエーションで定められた速度規格の事です。連続したデータの書き込み・読み込みの最低保証速度を表しており、数字が大きいほどSDカードの読み込みや書き込み時のデータ転送速度が速くなります。

SDスピードクラスと最低保証速度

SDスピードクラス 最低保証速度
class2のマーク
class2
2MB/sec
class4のマーク
class4
4MB/sec
class6のマーク
class6
6MB/sec
class10のマーク
class10
10MB/sec

2.UHS-I

UHS-I(Ultra High Speed I)は、2010年に規格化された「class」よりも新しい速度規格の事です。UHS-I対応機器を使用することで、最大104MB/secの転送速度が発揮されます。

UHSスピードクラスと最低保証速度

UHSスピードクラス 最低保証速度
UHS Speed Class 1 10MB/sec
UHS Speed Class 3 30MB/sec

※規格上の最高速度であり、使用するUHS-I対応機器やSDメモリーカードによって実測値は変動します。

データ保存量の目安

SD/microSDカードの容量と、写真の記録枚数と動画の保存時間の目安です。SDカードでもmicroSDカードでもメモリー容量が同じなら、保存できる容量は同じです。使用する機器の対応と目的によって使い分ける事をおすすめします。

SDメモリーカード容量別の記録枚数と時間

    1GB 2GB 4GB 8GB 16GB 32GB 64GB 128GB
映像

SD動画
(720×480 0.6Mbps)

約20分 約41分 約83分 約166分 約333分 約666分 約1,333分 約2,666分

フルHD動画
(1920×1080 1.3Mbps)

約9分 約19分 約39分 約78分 約156分 約313分 約627分 約1,254分
ワンセグ放送録画 約320分 約640分 約1,280分 約2,560分 約5,120分 約10,240分 約20,480分 約40,960分
画像

800万画素
(高画質モード)

約256枚 約512枚 約1,024枚 約2,048枚 約4,096枚 約8,192枚 約16,384枚 約32,768枚

1000万画素
(高画質モード)

約224枚 約448枚 約896枚 約1,792枚 約3,584枚 約7,168枚 約14,336枚 約28,672枚

1200万画素
(高画質モード)

約204枚 約408枚 約816枚 約1,632枚 約3,264枚 約6,528枚 約13,056枚 約26,112枚

1200万画素
(RAWモード)

約93枚 約186枚 約372枚 約744枚 約1,488枚 約2,976枚 約5,952枚 約11,904枚

1400万画素
(高画質モード)

約170枚 約340枚 約680枚 約1,360枚 約2,720枚 約5,440枚 約10,880枚 約21,760枚

1400万画素
(RAWモード)

約78枚 約156枚 約312枚 約624枚 約1,248枚 約2,496枚 約4,992枚 約9,984枚
音楽

MP3形式
※4分の曲を128kbps、
MP3形式で圧縮

約256曲 約512曲 約1,024曲 約2,048曲 約4,096曲 約8,192曲 約1,6384曲 約32,768曲

※表の数字はおよその目安となります。撮影や他データの保存環境により変動がございます。

シーン別でSDカードを選ぶポイント

デジカメの使い道は大きく分けて動画の撮影と静止画の撮影の2つです。それぞれ使うシーンに合わせてSDカードを選ぶことが大事なのです。

1.動画撮影

動画撮影

デジカメで、動画を撮影し保存する方に1番必要なのは、ズバリ容量です。前文のデータ保存量の表からわかるように、動画撮影は写真撮影以上に容量が必要となります。

またclassに関しては、動画撮影の場合、大量のデータを連続で書き込む為、SDカード側にはある一定の転送速度が必要になります。デジカメの動画撮影ならclass6以上、ちなみにフルHDビデオカメラならclass10以上を推奨します。

2.静止画撮影

写真撮影

基本となるのは、画素数が高いデジカメを使うほど、大容量のSDカードを選ぶ事です。容量別の記録枚数と時間の表から、デジカメの画素数と記録枚数を参考にしてください。

classに関しては、実際デジカメの写真撮影ではどのclassを選んでも大丈夫です。しかし、一眼レフの連写を使用するならclass6以上を推奨します。

理由としては、class4のSDカードで連写撮影をした場合、5秒ほどで撮影がストップしますが、class10を使用した場合は20秒以上の連写が可能だからです。

最後に

ちなみにSDカードにはサイズがあるのだが、アダプタを使えばmicroSDをminiSDやSDカードに変換することができる。

そう考えると、SDカードの中では、microSDが一番便利なのかもしれない。

昔と違い、今はデータを持ち歩く時代だ。そんな中、SDカード等のメモリは必須な「モノ」と言えるだろう。

博士ペンギン
 
Pocket

各メーカーのサイズ別にSDカードをチェック

PC周辺機器・スマホグッズを取り扱う激安通販サイト「ココロミクラブ」は、様々なメーカーやサイズ・classの商品を豊富にご用意しております。是非一度、当店へお越し頂き商品を御覧ください。

《当サイトで取り扱うSDカード》

  • ● TEAM ● TOSHIBA ● SanDisk ● SUPER TALENT
  • ● 4GB ● 8GB ● 16GB ● 32GB ● 64GB ● 128GB ● 256GB
  • ● class4 ● class6 ● class10 ● UHS-1

 

最安・激安特価・在庫限りの処分価格の物など、大変お買い得でご用意しておりますので是非お越しください。


「ココロミクラブ」のSDカードはこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*