イヤホンの違いでランニングの快適さが断然に変わる

ランニングで使用するイヤホン

今、巷で話題となっているスポーツは・・・「マラソン」ですね!

最近は、街で良く走っている人を見かけます。そして殆どの人がイヤホンを耳に付け音楽を聴いています。実は私もその一人です。

ランニングの際の手持無沙汰・単調感を紛らわせるために皆聴いているのでしょう。

音楽は、「リズムで走る」というように、ランニングを快適にさせてくれるアイテムです。

しかし、音楽を聴く事自体は良いのですが、付けるイヤホンによっては問題があります。せっかくの快適なランニングを状況によってはダメにしてしまうのです。

そこで今回は、「イヤホンの種類と特徴」について、また「ランニング時に最適なイヤホン」について調査しました。

ランニング時の使用音楽プレーヤー・機器の比率

三菱UFJリサーチ&コンサルティングとの共同調査結果として、スポーツマーケティング基礎調査を発表しています。それによるとランニング時、身につける機器としてもっとも多いのは「スマホ(携帯電話)」であることが分かっています。

当然といえば当然ですね。日常でもスマホだけは肌身離さず持っている方がほとんどですし、今ではスマホで大半の事はできる時代ですからね。この結果によると32.0%の割合ですが、今後スマホの進化と普及率を考えるともっと割合を占めてくるでしょう。

ランニング時に身に付けている機器の割合

※こちらのグラフは、男女比1対1・年齢層は20代・30代・40代・50代・60代を均等に割り当てたものです

現在は、音楽配信サービスが充実・ウォークマンアプリを搭載したスマホの発売・microSDカード経由での音楽ファイルの再生が可能、さらにはワンセグなど多くのユーザーがスマホで音楽を楽しめる時代です。

この調査では、つける機器の具体的活用法までは問われていないのですが、ランニング時のイヤホン使用率や前文で述べた事を考えると、スマホで音楽を聴いている事は明らかであります。

ランニング時に最適なイヤホンとは

※この調査では使用率の高い音楽プレーヤー(スマホ/携帯電話)で考え結果をだしています。

スマホ関連のお店に行けば、今では何百という種類のイヤホンがあります。デザインの違いや特徴の違いなど、製品・メーカーによって様々です。中でも大きく分けると2つのタイプがあります。

1.有線タイプ

有線タイプのイヤホンとは、そのままの意味で音楽プレーヤー・機器とイヤホンをケーブルで繋ぎ音を出すタイプの事です。

一般的に広く普及しており、品質、種類、価格も様々なものがあります。音質や品質で高価格な製品から低価格な製品まで揃っており、さらには100円ショップやコンビニなど手軽に購入することができます。

有線イヤホン

安く手に入れる事ができるというメリットもありますが、数多く普及されている為、色んなデザイン・音質から選べるというメリットもあります。

しかし、有線タイプはケーブルの劣化という最大の弱点があり、時間が経つと、ねじれや硬化などが発生し切れてしまいます。もちろんこの場合、直すことは難しく買い替えなければいけません。やはり、安価な物ほど壊れやすくなっています。

また、一部の物を除き、曲の再生・停止などの操作は本体側で行う必要があり、リモコン操作に保証がない点やそもそも製品にリモコン機能が付いていないものがあります。

この有線タイプのイヤホンをランニング時に使用すると考えた場合、本体で曲や音量の操作を行うのは使いづらいといえます。ケーブルがほかの人の荷物や衣服などに絡まったりして、事故や破損などの危険もあります。どうしても利用中はケーブルが煩わしいというデメリットがあり、ランニング時には最適とはいえません。

快適に集中してランニングを行いたい方には、有線タイプのイヤホンはおすすめできません。

2.無線タイプ

無線タイプのイヤホンとは、言葉のとおり音楽プレーヤー・機器とイヤホンをワイヤレス機能を使用して繋ぎ音を出すタイプの事です。最も主流な物は、Bluetoothを使って繋げるイヤホンです。

最近は使用されている方をよく見かけますが、まだまだ広く普及はされておらず、100円ショップで入手できるほど安い製品ではありません。2,000円~くらいはかかります。

無線イヤホン

有線ほどではありませんが、種類も徐々に増えてきています。しかし、女性をターゲットにしたデザインやカラーなどファッションアイテムとして持ち歩ける製品はまだまだ少ないです。男性が使用しているイメージが大きいですよね。

Bluetoothで接続する場合、音楽プレーヤーとペアリングを行わないといけません。少し手間だと思いますが、意外に簡単で、しかも初めの1回だけで済みます。2回め以降は、自動でペアリングを行い使用出来ますので、これはデメリットとは言えないでしょう。

有線と違い無線タイプの物は、再生・停止、音量の上下、曲送りなどがイヤホン側でもできます。ランニングで使用すると考えたら、これは嬉しい機能です。

また最大のメリットとしては、やはり本体とスマホを結ぶケーブルが無いということでしょう。有線と違い移動中の利用でも、ほかの人の荷物にケーブルが絡まるといったトラブルは発生しません。ケーブルの煩わしさが無いということは、ランニング時には無線イヤホンが良いということです。

しかし、本当に無線タイプのイヤホンがランニング時に快適に使用できるイヤホンなのでしょうか?

スマホは意外にかさばるモノ

スマホは現在どのように進化しているか皆様知っていますか?

iPhone6やiPhone6 Plus等を見て頂くと分かると思いますが、大型化しています。ディスプレイを大きく綺麗にし、動画やテレビを見やすいよう作られています。

これを考えると、

《音楽を聴くためにスマホを持ってランニングを行う》

大型のスマートフォン

これは快適とは言えません・・・。

「スマホを入れたバッグを背負う」「アームバンドを付ける」「ポーチを付ける」

どうしてもiPhone6やXperiaのように、徐々に大型化していくスマホを持つということは、たとえ無線イヤホンを使ったとしても、「快適にランニングができる」とは程遠くなります。

ランニングの経験がある私には、スマホを持って走るなどケーブルが煩わしいくらい煩わしく感じます。

男性の方に多いと思われますが、普段ズボンのポケットにスマホを入れている方には分かるのではないでしょうか。思っている以上にスマホはかさばるモノです。

本当に快適にランニングを行うには、裸(笑)とまでは言いませんが、持ち物はなるべく持たないほうが良いでしょう。では、快適に音楽を聴きながらランニングを行うには、どういったイヤホンを付けたらいいのでしょうか。

快適さ抜群のプレーヤー内蔵イヤホン

ランニング歴5年の私は、無線タイプの物やランニング用の有線タイプの物など色々なイヤホンを試してきました。そこで行き着いた先は、こちらのプレーヤーが内蔵されたイヤホンです。私の意見では、一番のオススメで一番快適にランニングができるイヤホンです。

プレーヤー内蔵イヤホン

高そうに見えますが、意外に安価で2,000円ぐらいから購入する事ができます。しかし、プレーヤー内蔵型イヤホンの中でも様々な種類があり、防水機能を持つ物などはやはり値段が高くなります。初めは安い物を買い、自分に合っているのか試してみてもいいと思います。

デメリットとしては、このプレーヤー内蔵型イヤホンに音楽を入れる事が手間だという事です。基本的には、パソコンにこのイヤホンを繫げ、パソコン本体側から操作し音楽を入れる事が出来ます。製品によっては、MP3など拡張子が決められている物がありますので、注意が必要です。

手間というデメリットがありますが、それに負けないメリットがあります。

ランニング時、無線タイプのメリットを持ち、尚且つスマホ等の音楽プレーヤーも持たなくて良いといった、まさに快適なランニングを実現できるアイテムなのです。

プレーヤー内蔵型イヤホンのおすすめ機能

ランニングを行っている方はどんな時間帯で行っていますか?私は、仕事が終わった後&夏は日焼けしないようにということで夜に行っています。

そういう方は多いと思います。暗い夜道に音楽かけて走るのです。危ないですよね。

しかし、プレーヤー内蔵型イヤホンの中にはライト付きの物があるのです。

再生時に点滅

私が使っている物ですが、電源を入れたら点灯・再生時には点滅します。こういったプレイヤー内蔵イヤホンには、ランニングに特化したメリットがあるのです。

こちらでこのMP3プレーヤーは販売されていました>>>

最後に

ランニングを行う人口は増え続けている。老若男女、誰でも楽しめるスポーツだからだ。

そして音楽はランニングのモチベーションを上げてくれる。しかし、危ないからボリュームだけには注意してもらいたい。

音楽を「聴く」のではなく「聞く」ことで、快適で集中できるランニングを行えるだろう。

博士ペンギン
 
Pocket

ココロミクラブ 通販サイトもチェック

PC周辺機器・スマホグッズを取り扱う激安通販サイト「ココロミクラブ」は、豊富な品揃えでご用意しております。バッテリーや車載グッズ等、欲しいものがきっと見つかりますので是非一度お越しください。

また、数多くのお得ポイントもご用意しております。

  • ● レビュー記入で「値引きクーポン贈呈」
  • ● 営業日午前10時までのご注文は当日出荷
  • ● 安心の商品毎に最大1年間の保証付き

 

どんな些細な事でもお気軽にお問い合わせください。


通販サイトはこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*