車の中でiPhone内の音楽を聴く3つの最適な方法

車でiPhoneの音楽を聴く

iPodやCDプレーヤー、少し昔になるとMDプレーヤーやウォークマン。

今の世の中には、様々な音楽再生プレーヤーがあります。そんな中、本来の目的が音楽再生ではないが、もはや音楽再生プレーヤーと言える物があります。

それはiPhone(スマホ)です。

多くの方がiPhoneを使用し音楽を聴いています。そして多くの方が、自分のお気に入りの曲をiPhoneの中に入れているでしょう。

主に音楽を聴く3大場所、それはどこだと思いますか?

それは、家(室内)・外(屋外)・そして車(車内)です。特に車内では、音楽が欠かせない存在だと思われます。

そこで今回は、車の中で自分のiPhone内にあるお気に入りの音楽を聴く3つの最適な方法を調査しました。また、その際、音楽を聴く環境を充実させるアイテム(車載アクセサリー)についても紹介いたします。

音楽を聴く3つの方法と各メリット

1.オーディオケーブルを使う

イヤホンジャックケーブル

オーディオケーブルをiPhoneと車のステレオ装置に接続する事で、iPhone内の音楽を車載スピーカーで聴くことができます。車内全体に音楽が流れる為、数人でのドライブ等で活躍する方法です。

しかも使い方が非常に簡単です。iPhoneとカーステレオのイヤホンジャックに、このオーディオケーブルを挿すだけです。これは、このiPhone内の音楽を聴く方法のメリットだと言えます。余計な操作がいらないので、誰でも簡単に使用する事ができるのです。

私もこの方法で自分のスマホの音楽を車で聴いています。簡単で使いやすいのですが、ただ1つ不便な点を言うのであれば有線だという事です。

他の操作を行う際、ケーブルがすごく煩わしいです。またそのケーブルの長さが短い場合だと、接続しているiPhoneの置き場所にも困ってしまいます。なんでも無線に慣れている私にとっては、有線は結構なデメリットとなります。

※運転者は危ないので携帯を使用しないようにしましょう。助手席の方に使用してもらいましょう。

iPhoneの操作はせず、音楽は運転が終わるまで流したままという方には非常に良い方法だと思います。

2.FMトランスミッターを使う

FMトランスミッター

車のシガーソケットで使用できるFMトランスミッターを使うことで、iPhone内の音楽を車載スピーカーで聴くことが出来ます。これはBluetoothを使用し、iPhoneと無線で接続を行うためワイヤレスで音楽を聴ける方法です。

無線ですので、ケーブルがごちゃついて煩わしい思いをすることはありません。これが最大のメリットだと言えます。しかし、FMトランスミッターは、再生中の音楽をFM電波でカーステレオに転送する仕組みですので、音質やノイズが気になるといったデメリットがあります。

ですが、最近Bluetoothのバージョンが4.0とアップし、その4.0対応のFMトランスミッターが巷に販売されています。

これだと、大幅にノイズを軽減し、iPhoneの音源を忠実に再生でき、ボリュームを無理に大きくしなくても、より高音質でクリアな音が楽しめるようになりました。こうなると、もはやデメリットとは言えなくなってきています。

また、FMトランスミッターを使用する場合、最初にiPhoneとBluetoothの接続をしないといけません。そこまで難しい事ではありませんが、馴れていない方は迷うかもしれません。

分からないという方は、当サイトで『FM対応トランスミッターの使い方とOS別のペアリング方法』を紹介しておりますので、こちらを御覧ください。

私は、この方法が一番良いと思います。デメリットも改善され、さらにFMトランスミッターの便利な機能も使用することができるからです。

製品によるのですが、FMトランスミッターには「ハンズフリー通話」という機能が搭載されています。運転中にiPhoneの着信があっても、音楽から即座に通話モードに切り替わり、車載スピーカーで通話をすることができるのです。

音楽を聴くだけではなく、電話も運転もできるこちらの方法、長距離の移動が多い方、忙しいビジネスマン等にはもってこいの方法ではないのでしょうか。

3.小型のスピーカーを使う

小型のスピーカー

小型のスピーカーを車に持ち込むことでiPhone内の音楽を聴くことができます。この方法は、一般的でなく不思議に思われるかもしれませんが、私は便利で最適だと思いましたので紹介したいと思います。

こういった小型のスピーカーは有線・無線どちらでも接続できるタイプが多いです。ケーブルの接続・ワイヤレスの接続をシーンや気分に合わせて使い分けることが出来ます。また、小型ですので車に持ち込んでもそこまで邪魔になることはありません。

最近の小型スピーカーも性能が良くなっています。音質は小型の割には驚くほど良いです。小型スピーカーの一番気になる所、「音量」も十分に備えています。迫力ある音質を出すサブウーファーを搭載した物など機能も様々であり、スピーカー自体をお好みで選ぶ必要があります。

車でiPhone内の音楽を聴く、他の方法ではなくこちらの方法を選ぶメリットとしては、ズバリ音質です。

FMトランスミッターを使用した場合、性能が良くなっているといっても車との相性があり、カーステレオのノイズを完璧になくす事はできません。また、FM電波ですので多少のラジオみたいな音質になってしまいます。

小型のスピーカーの方がやはりクリアな音質になります。

また、他にもメリットがあります。それは使用できるのは車だけじゃないという事です。もちろん外にも持ち運べます。車でキャンプやアウトドアに行く時など、行き帰りの車中でも聴けますし、到着後のキャンプ中でも音楽を楽しむことができます。

逆にデメリットもあります。車の中では車載スピーカーから音がでるわけではないので、車内全体に音がまんべんなく広がりません。そこさえ我慢すれば、この方法も良いのではないでしょうか。

車内で音楽を聴く環境をより充実させるアイテム

車でiPhone内の音楽を聴くにあたって、より快適に楽しむことができるアイテムがあります。

車載ホルダー

車の中では、カーステレオやスピーカーに接続したiPhoneの置き場所に困ります。接続しているのでポケットに入れるわけにはいきません。そういった場合は、車載ホルダーを使用することでiPhoneを固定してしまうと便利です。

車載ホルダーには、エアコンの送風口に取り付ける物や吸盤で固定する物など様々あります。吸盤タイプは、設置場所をお好みに選べるので便利です。そんな中、私はフックで掛けるタイプをおすすめします。

リングタイプの車載ホルダー

このタイプは非常に便利でして、車載ホルダーの存在自体が格好悪いと思っている方にもおすすめのアイテムです。

iPhoneやスマホにリングを取り付け、そのリングに掛ける小さいフックを車のお好きな場所に付けるだけです。

このリングは普段使いにも便利で、指を通す事で大型化するiPhone・スマホの落下防止になります。また便利なスタンドとしても使用可能です。

落下防止・スタンドになるリング

このリングの中にも色んなメーカーがあります。有名どころは「BunkerRing(バンカーリング)」「iRing(アイリング)」で、通販で購入できます。私は、掛けるフックが付属されている「iRing」の方がおすすめです。

是非、一度この車載ホルダーを使って音楽を聴く環境を充実させてみてはいかがでしょう。

最後に

車には、昔から音楽は欠かせない存在である。(音楽の歴史を遡ると、「ラジオ」も含まれる)

現在では、iPhone内の音楽を車で聴く事が主流で、それはいかにスマートフォンと人は特別な関係なのかが分かる。

カーライフもそうだが「暮らし」を充実させるには、もっとこのスマホを使っていくべきだ。

博士ペンギン
 
Pocket

ココロミクラブ 通販サイトもチェック

PC周辺機器・スマホグッズを取り扱う激安通販サイト「ココロミクラブ」は、豊富な品揃えでご用意しております。バッテリーや車載グッズ等、欲しいものがきっと見つかりますので是非一度お越しください。

また、数多くのお得ポイントもご用意しております。

  • ● レビュー記入で「値引きクーポン贈呈」
  • ● 営業日午前10時までのご注文は当日出荷
  • ● 安心の商品毎に最大1年間の保証付き

 

どんな些細な事でもお気軽にお問い合わせください。


通販サイトはこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*