写真や動画をスマホから内蔵のマイクロSDにデータ移動する方法

スマホからmicroSDへデータ移動

皆さま旅行などで記念撮影を行う時、何を使い撮影していますか?

私は、スマホを使い写真・動画を撮影してます。デジカメを買おうとは思っているのですが、最近のスマホは画質がすごく、私にとってはあまり必要性がないかなと思い躊躇しているところです。

私のようにスマホで「写真を撮っている」「動画を撮影している」といった方は沢山いるのではないでしょうか?

しかし、そこには問題があります。それは私も経験した事なのですが、写真・動画を撮りすぎてスマホ本体のデータがいっぱいいっぱいになってしまうという事です。スマホにはアプリや音楽など他のデータが入っているため、そこまで写真・動画の保存が出来ないのです。

そこで今回は、スマホ本体の容量を空ける為に、撮影した写真や動画等を内臓のマイクロSDへデータ移動する方法を調査しました。

スマホから操作を行いデータを移動

スマホに保存されているデータを、本体内蔵のマイクロSDカードへ移す事ができます。

※手順はAndroidスマホのXperiaで紹介しています。他機種と若干異なる可能性がありますが、おおよそ同じです。

スマホから操作

お持ちのスマホだけでデータの移動ができとても楽なのですが、その場合はファイルマネージャー系のアプリが必要となります。購入初期からすでにインストールされているスマホもありますが、ない場合は先にダウンロードをしましょう。

ファイルマネージャーアプリには様々なものがあり、機能性も違います。どれを選んだら良いか分からないという方は、使いやすい「Yahoo!ファイルマネージャー」をおすすめします。

では実際の操作手順を、おすすめの「Yahoo!ファイルマネージャー」と、私が使っている(初めからインストールされていたアプリ)「File Commander」で紹介いたします。

操作手順(Yahoo!ファイルマネージャー)

Yahoo!ファイルマネージャー

端末内のファイルをドラッグ&ドロップで簡単に操作・整理できる新感覚のファイラー(ファイル管理、ファイルエクスプローラー)アプリです。

Yahoo!ファイルマネージャー | Google Play

① アプリを起動し「本体」を選択します。これは本体内のデータという事です。次に本体内の「DCIM」を選択します。

Yahoo!ファイルマネージャーの操作手順その1

② DCIMフォルダ内の「100ANDRO」を選択します。これはスマホのカメラアプリで撮影されたデータの保存場所です。

※「100ANDRO」は実際私が使用しているカメラアプリでのフォルダ名です。他機種ではフォルダ名が異なる場合があります。DCIMフォルダ内を確認し、マイクロSDにデータ移動したいファイルを探して下さい。

次に、データ移動したいファイルがあるフォルダに入ったら、下にあるメニューの「2画面」を押します。

Yahoo!ファイルマネージャーの操作手順その2

③ すると上下でフォルダを2つ選べる2画面形式に変更できます。上フォルダは「本体」の「DCIM」フォルダの「100ANDRO」フォルダ(データ移動したいファイルがある場所)のままで、下フォルダをその移動先フォルダに変更していきます。

左にある「スマホマーク」を押し、「SDカード」を選択します。

Yahoo!ファイルマネージャーの操作手順その3

④ SDカード内の「DCIM」を選択します。次にDCIMフォルダ内の「100KYCRA」を選択します。このフォルダは、私のスマホのマイクロSD内データ保存場所ですので、これじゃないといけないということはありません。自分でフォルダを作成するなど使い分けてください。

Yahoo!ファイルマネージャーの操作手順その4

⑤ 上が本体内のデータ保存場所フォルダ、下がマイクロSDのその移動先フォルダになったら、移動したいデータを長押しし、そのまま下フォルダにスライドさせます。すると「〇〇〇をコピーしますか?移動しますか?」と表示されるので、「移動」を選択します。これでスマホ本体内のデータがマイクロSDに移動されます。

Yahoo!ファイルマネージャーの操作手順その5

この時、「コピー」を選択すると、本体内のデータが残ったままマイクロSDにコピーされますので、注意してください。

操作手順(File Commander)

File Commander

Androidデバイス上でリモートの任意のファイルを処理することを可能にする完全なファイルマネージャです。

File Commander | Google Play

① アプリを起動したら左上にあるFile Commanderの「アイコン」を押して下さい。するとメニューが表示されますので、「内部ストレージ」を選択します。これは本体内のデータの事です。

File Commanderの操作手順その1

② 内部ストレージ内にある「DCIM」フォルダを選択します。次に「100ANDRO」フォルダを選択します。

※「100ANDRO」は実際私が使用しているカメラアプリでのフォルダ名です。他機種ではフォルダ名が異なる場合があります。DCIMフォルダ内を確認し、マイクロSDにデータ移動したいファイルを探して下さい。

File Commanderの操作手順その2

③ マイクロSDにデータ移動したいファイルを見つけたら、右側のチェックボックスにチェックを入れます。そして下側にあるメニューの、左から3番目(鉛筆のマーク)を押します。すると「〇〇項目のコピーされました」と表示されチェックを入れたファイルのコピーが完了します。

File Commanderの操作手順その3

④ 次に、左側にある「アイコン」を押しメニューを表示させ、今後は「SDカード」を選択します。そして、SDカードフォルダ内にある「DCIM」を選択します。これは、マイクロSD内のデータの保存場所です。

File Commanderの操作手順その4

⑤ DCIMフォルダ内の「100KYCRA」を選択します。このフォルダは、ただ私のスマホのマイクロSD内のデータ保存場所ですので、これじゃないといけないということはありません。自分でフォルダを作成するなど使い分けてください。

そして、データ移動するフォルダ内で下側メニューの左から3番目(鉛筆のマーク)から「貼り付け」を選択します。これで先ほど選択したデータをマイクロSD内にコピーしました。

File Commanderの操作手順その5

⑥ あとは、データがスマホ本体内とマイクロSD内に重複していますので、内部ストレージに戻り複製済みのデータにチェックを入れ、下側メニューの左から4番目(ゴミ箱マーク)を押し削除します。これで完了です。

File Commanderの操作手順その6

流れを一通り説明しますと、スマホ本体内のデータをコピーしマイクロSD内に貼り付け。そして「コピー」ですのでデータが重複しているファイルを削除。という事になります。削除しないと本来の目的である、スマホデータ内を軽くする事が出来ませんので、注意して下さい。

ファイル名の補足として、「DCIM」はスマホで撮影した写真・動画、「download」はダウンロードした画像、「Music」は音楽データの保存場所となります。

Yahoo!ファイルマネージャーと比べると、File Commanderは削除する手間がある分、使いにくいかもしれません。

スマホから手軽にできるということで、これらのアプリはとても便利だと思いますが、移動したデータが消えた等のトラブルもあるみたいです。誤操作が原因だと思いますが、なくなったデータを復元する事は難しいでしょう。

私は良く使っていますが、今のところそういうトラブルはありません。しかし、万が一の事を考えるとPCを持っているのであれば、データの移動はPC経由でバックアップをとりつつ行った方がいいかもしれませんね。

PC経由でバックアップをとりつつデータを移動

PC経由で操作

PC・ノートPCを操作して、スマホ本体のファイルを内臓のマイクロSDにデータ移動する事もできます。この方法は、スマホの操作で行うより、分かりやすく安全に行えます。また万が一の時の為に、PC内へデータのバックアップをとる機会にもなります。

操作手順(PC・ノートPC)

まず、データ移動の前に必要な物があります。同期できるマイクロSDケーブルです。こちらはスマホに付属されている充電ケーブルで使用できますので問題無いでしょう。

① PCとスマホをマイクロSDケーブルで接続します。

② スタートメニューの「コンピュータ」を選択します。コンピュータ内に接続されているスマホがありますので、それを選択します。するとスマホ内のデータを見ることができます。

※この画像では「Xperia UL」となっていますが、これは接続しているスマホがXperia ULだからです。表示される名前は機種によって変わります。

PC経由のデータ移動手順その2

③ スマホ内の「内部ストレージ」を選択します。次に内部ストレージ内の「DCIM」を選択します。繰返しになりますが、これは前章で紹介したように、スマホのカメラで撮影されたデータの保存場所です。

PC経由のデータ移動手順その3

④ DCIMフォルダ内の「100ANDRO」を選択します。そして、100ANDRO内のデータ移動したいファイルを選択します。

※前章で紹介したように「100ANDRO」は私が使用しているスマホのカメラアプリでのフォルダ名です。他機種ではフォルダ名が異なる場合があります。DCIMフォルダ内を確認し、マイクロSDにデータ移動したいファイルを探して下さい。

PC経由のデータ移動手順その4

⑤ ファイルをクリックしたまま、PC内のフォルダにそのままスライドさせ、コピーします。PC内でしたらどこでも良いです。この画像では、PC内に「データのバックアップ」というフォルダを作り、そこにコピーしています。

この手順で同時にPCへデータのバックアップをとることになります。

PC経由のデータ移動手順その5

⑥ スマホ内の最初のフォルダに戻ります。上部のパンくずリストで戻れます。次にスマホ内の「SDカード」を選択します。

PC経由のデータ移動手順その6

⑦ SDカードフォルダの「DCIM」を選択します。次にDCIMフォルダの「100KYCRA」を選択します。

※前章で紹介したようにこのフォルダは、ただ私のスマホのマイクロSD内のデータ保存場所ですので、これじゃないといけないということはありません。自分でフォルダを作成するなど使い分けてください。

PC経由のデータ移動手順その7

⑧ 先ほどPC内にデータのバックアップをとったファイルを選択し、⑦のフォルダにクリックしたままスライドさせます。これで、マイクロSDカード内に移動したいファイルがコピーされました。

PC経由のデータ移動手順その8

⑨ 最後に、④のバックアップを行ったファイルを右クリックで削除しましょう。削除しないと、スマホ本体とマイクロSD内にデータが重複してしまいます。これで完了です。

PC経由のデータ移動手順その9

バックアップをとることで、思い出を残しておくことができます。間違って削除した場合など安心ですよね。しかし前章のやり方同様、このデータ移動方法もまた、面倒臭がりな方には手間だと思うかもしれません。

撮影した写真・動画の保存先を変更

保存場所の移動

前章で紹介した2つの方法、たしかに便利ですが手間がかかります。実はもっと簡単な方法があるのです。それが、撮影した写真・動画の保存場所を、初めからマイクロSD内にする事です。これだと手間もかからず、スマホ内のデータをマイクロSDにデータ移動したようなものです。

この方法は、ほとんどカメラアプリ側の設定で行うことができます。設定できるのは、データの保存場所をスマホ本体かマイクロSDカードかを選ぶ設定がほとんどですが、高機能なカメラアプリになると保存先のフォルダまで選べるものもあります。

設定手順

アプリによって設定画面が違いますが、参考までに私のスマホのカメラアプリで手順を紹介します。

① カメラアプリを起動

② 設定マークを選択

カメラアプリの保存先設定手順その2

③ 保存先を選択

カメラアプリの保存先設定手順その3

④ SDカードを選択

カメラアプリの保存先設定手順その4

これで保存先が変更されました。

意外に皆さん、こんな設定があるとは知らなかったのではないでしょうか。

実際、カメラアプリの設定をほとんど触る事がないので、私もこんな機能があるとは知りませんでした。面倒臭がりな私は、今後の保存先を「マイクロSDカード」に変更したいと思います。

最後に

紹介していないが、スマホ本体のファイルをマイクロSDにデータ移動する方法はまだまだある。

比較的分かりやすく、誰でもできる方法を選んで紹介しているが、どのやり方にもメリットもデメリットもあるので何が1番良いとは言えない。

結局は、好みや環境に合わせた方法が1番良いだろう。

博士ペンギン
 
Pocket

ココロミクラブ 通販サイトもチェック

PC周辺機器・スマホグッズを取り扱う激安通販サイト「ココロミクラブ」は、豊富な品揃えでご用意しております。バッテリーや車載グッズ等、欲しいものがきっと見つかりますので是非一度お越しください。

また、数多くのお得ポイントもご用意しております。

  • ● レビュー記入で「値引きクーポン贈呈」
  • ● 営業日午前10時までのご注文は当日出荷
  • ● 安心の商品毎に最大1年間の保証付き

 

どんな些細な事でもお気軽にお問い合わせください。


通販サイトはこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*